ウオータープルーフ アウトドアスピーカー

グッズレビュー

設営52日目:Bluetoothワイヤレススピーカーを試し買い(=゚ω゚)ノ

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ

アウトドアスピーカーとは

いわゆるバッテリータイプのスピーカーである。

乾電池式や専用バッテリー式のものは昔から存在し、差し込み式の電源が不要であるため、アウトドアなどのイベント用として重宝されてきている。

従来は、イヤホンジャックなどから有線で接続するものが主流であったが、近年では、BluetoothやWi-fiなどの近距離無線技術やバッテリー技術の進歩により、無線接続を可能とした小型なものが増えてきている。

外部配線を接続するためのポート(ジャック)など、外部に開放される部分が減った事から、防滴、防水性が向上した事も、無線接続化に伴うメリットとして挙げることができるだろう。

Bluetooth ワイヤレスアウトドアスピーカー

今回購入したモノは、株式会社オーム電機(某宗教とは関係ない)製のBluetooth ワイヤレスアウトドアスピーカーというものだ。

このスピーカーの購入に至ったきっかけは師匠にある。

具体的には、師匠が音楽好きなので、キャンプに持って行ったら喜ぶかなと思ったからだ!

心の声
心の声

意外と師匠を思いやる気持ちがあるんだな( ゚Д゚)

師匠についての詳細はコチラ

設営1日目:キャンプツーリングを始めよう!
私がキャンプツーリングを始めようと思ったきっかけは、師匠からの師匠キャンプツーリング行こうよ!といった言葉からだった。しかし、当初私はキャンプツーリングに否定的だった。そのため、プラムはぁ?...

ちなみに、キャンプなどで大音量で音楽を流すのは賛成できないが、昼間に身内に聞こえる程度の音量で、雰囲気作りに音楽を流すというのは良いだろうと思っている。

と、このスピーカーは、このような崇高な思想の下に購入したモノであり、けっして近所の電気屋さんに立ち寄った際、たまたま安売りしていたので興味本位で購入してみた訳では無い。

心の声
心の声

( ゚Д゚)

製品スペック(概略)

品番     :ASP-W170N
内蔵バッテリー:充電式リチウムポリマー電池(3.7V 500mAh)
実用最大出力 :3W
再生周波数帯域:150Hz~17kHz
スピーカー  :口径40mm 2Ω
SN比    :≧80dB
通信方式   :Bluetooth標準規格 Ver.4.0
最大通信距離 :見通し約10m(Class2)
充電時間   :約2時間(ゼロからフル充電まで)
音楽再生時間 :約10時間(50%音量)
外形寸法   :幅92×高さ89×奥行43mm(突起物を除く)
質量     :約131g
防水性能   :IPx5(水の直接噴流に対して保護可能)
付属品    :充電コード、カラビナ、取扱説明書、保証書

心の声
心の声

10時間音楽再生できるのは良いな(=゚ω゚)ノ

使用感

音質
音質は、値段相応といった感じ。純粋に音質といった面からすると、iPhoneの方が高音の通りが良く、綺麗に聞こえる。
それならスピーカーいらないじゃん!と感じるかもしれないが、iPhoneをはじめとする携帯電話のスピーカーは指向性が高く、一定の方向、距離に対しては非常に聞き取りやすいのだが、その範囲から外れる場所への到達音は極端に悪くなってしまう傾向にある。
今回購入したような外部スピーカーは、そうした指向性の問題を解消してくれる。
また、携帯電話から直接音が出る事が無くなるため、携帯電話で音楽を再生した場合でも、携帯電話のバッテリー消費量を軽減する事もできる。

心の声
心の声

無くても良いけど、有るとうれしいといった感じだな(=゚ω゚)ノ

音量
実用最大出力が3Wなので、いわゆる“大音量”にはならないが、キャンプなどのアウトドアで身内がいる範囲に音を広げるといった用途ではちょうど良い音量という感じである。
最大音量とした場合であっても音割れは生じなかった。

心の声
心の声

値段が値段だから仕方ないな。

本格的に音楽を楽しみたいなら、

Boseのスピーカーでも買った方が良いな!

クリアでバランスのとれたサウンド。サイズからは想像できない迫力の重低音。

電波到達距離
7m程度離れて音楽再生してみたが、特に問題無く音を出力していたので、見通しでの最大距離10というのは嘘ではなさそうである。

外観特性
外装は樹脂製で、緑の部分は軟質樹脂、グレーの部分は硬質樹脂でできている。
スピーカーのメッシュはスチール製だと思われる(アルミかと思ったが、厚みの割に押しても曲がる気配が無かったため)。
このような構成であるため、多少ぶつけたり落としたりしても、使用に支障が出る事はないのではないかと思われる(2021.03.11時点においては、実際にぶつけたり落としたりはしていない)。

心の声
心の声

実際に落としたりぶつけたりしたらレビューが充実するな(=゚ω゚)ノ

総評

気軽に持ち運べるアウトドアスピーカーとして、10時間再生可能であれば、山歩きの際に熊除けなどとしても利用することができるであろう。値段も2,000円弱と手頃な事から、試しに買ってみても損は無いと思う。なお、Made in Chinaではあるが、販売元が日本の電機メーカーであることから、製品自体はしっかりしたものであると思われる。


オーム電機 ワイヤレス Bluetoothアウトドアスピーカー グリーン ASP-W170N


オーム電機 ワイヤレス Bluetoothアウトドアスピーカー イエロー ASP-W170N-Y


オーム電機 ワイヤレス Bluetoothアウトドアスピーカー レッド ASP-W170N-R

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ

Follow me!

コメント

PAGE TOP